自分が希望する雇用形態を決める

どんな生活がしたいのかを明確にする

正社員や契約社員、派遣社員やパート、バイトスタッフなど、世の中にはたくさんの仕事があります。選択肢がたくさんあるときは、まず自分がどのような生活をしたいのか考えてみましょう。例えば、正社員になれば働く時間が多い分、基本的にはお給料も高いです。そのため、お金をたくさん稼いで何かしたいと考えている人には向いているでしょう。ですが子供がいて正社員は難しい人や、お金よりも自分の時間がほしいと思う人もいますね。そういう人はパートやアルバイトでコツコツお金を貯めるのも選択肢のひとつです。
雇用形態を決めるときは、仕事でお金を稼ぐことでどんな生活を手に入れたいのかを考えてみましょう。そうすれば、いろんな働き方がある中で自分に合った働き方を見つけることができるでしょう。

自分にベストな働き方を考えてみよう

どんな生活を手に入れたいのか考えることと同じくらい、自分に合った働き方について考えることも雇用形態を決める上で大切です。なぜなら、仕事によっては一日の半分の時間を費やすことになり、それが何年も続いていくことで仕事が自分の人生の一部になることがあるからです。自分は仕事を通じて成し遂げたいことがあると思う人は、正社員を選び、たとえ労働時間が長くても続けていくことが出来るでしょう。いや、自分は長い人生を仕事ではなく別のことにも費やしたい、と思う人は正社員でも残業が少ない会社を選べば良いです。正社員でなくとも、パートやアルバイトをしながら出来ることかもしれません。
このように、仕事にどれだけの時間を費やせるのかについて考えてみることで、自分にぴったりの働き方、雇用形態を選ぶ近道となるでしょう。